リラックスした状態で治療する

>

みぞおちを押したり足を上げる

簡単な対策を覚えよう

治療を受けている時は、腹筋に力を入れるのがおすすめです。
するとえづくことを回避できますが、治療している時にずっと腹筋に力を入れるのは厳しいでしょう。
足を上げることでも対策ができるので、事前に医師に嘔吐反射の症状があることを伝え、その体勢を維持しても良いか尋ねてください。
また急にえづいてしまった時は、みぞおちを指で押す方法があります。

すると一時的に吐き気が消えるので、治療を続けられるでしょう。
前もって、いざという時はどこの部位を押せば良いのか正しい位置を確認してください。
場所が間違っていると押しても意味がありませんし、ただ痛いだけです。
また押しても、効果を得られない場合があることも了承してください。

悪化しないうちに行く

歯が痛い、飲み物が歯にしみるなどの異変に気づいたら、歯医者に行ってください。
それらの症状が起こる時は、病気になっている可能性が高いです。
放置すると悪化して、歯を失ってしまうこともあるので嘔吐反射の症状があっても遠慮しないでください。
また痛みがあっても、まだ少しだったら耐えられると思います。

するとまだ歯医者に行かなくても良いと思ってしまうかもしれませんが、確実に悪化していくので、気づいた時に治療を受けることが重要です。
早い段階で歯を治療することで痛みを最小限に抑えられますし、治療期間も短くなります。
歯医者に行くことに抵抗を感じているなら、なおさら早く治療が終わるように、初期症状の段階で医師に相談してください。


Share